DELEで購入!fifineのUSB接続できるコンデンサーマイク【K683B】レビュー

こんにちは!はるやんパパです。

現在請け負っているフリーランスのお仕事で、YouTube動画制作を行うようになりました!

はるやんパパ

僕自身が出演するという「持ち込み企画」が承認されたんです(笑)

DaVinci Resolve という無料動画編集ソフトを勉強しながら、制作に励んでいます。

記念すべき1作目が完成して、すでに業界関係者の方々にご覧いただいているのですが、

はるやんパパ

もっと「きれいな音質」で動画制作ができればいいなぁ

動画制作が初心者の僕がいろいろ調べた結果、

音声をキレイに収録してくれるコンデンサーマイクというものがあり、ぜひ購入してみようと思いました。

コンデンサーマイクとは?

レコーディング用マイクから、パソコン、ハンディレコーダーなど、多岐にわたる分野に使用されているマイク。マイクに対して電源供給が必要。低域から高域まで集音可能な周波数の幅が広く、些細な音や息遣いまでしっかりと集音できる感度の高さに優れています。

引用元:株式会社サウンドハウス

でもね。。。

コンデンサーマイクと言っても、価格がピンキリ!そして、どれが良いのか分かりませんでした。

悩める”ナヤミン”

これからYouTubeや音声配信をやってみようと思うけど、予算重視で性能の良いマイクはないかな。。。。

はじめから高級で高性能なマイクを買っても、使いこなせるかなぁ。

はるやんパパ

今回は僕が悩みに悩んで購入したfifineさんのコンデンサーマイクをご紹介します!マイク購入に悩んでいる方のお役に立てればと思います。

結論

初心者なら入門編として、手頃な価格で良い品質だった fifine さんのコンデンサーマイクをオススメします

fifineのマイクを購入するならDELE株式会社がお得!

もくじ

コンデンサーマイクをamazonで調べてみたら

まず、候補に挙がったのは、marantz Professionalのコンデンサーマイク

こちらはamazonで販売されていて、多くのYouTuberさんたちが「はじめてのマイク」として

オススメしていたコンデンサーマイクでした。

ただ、僕の場合は、マイクを購入するにあたって「マイク環境」から整えていく必要がありまして、

marantz Professional のマイクだけを購入しても使用できないので、

マイクを支える三脚か、もしくはマイクスタンド・マイクアームというものを別途購入する必要がありました。

例えば、このようなマイクスタンド・アーム

amazonでは、毎月1回程度は大規模セールが行われているので、

タイミングを見つけて購入できればいいですが、

はるやんパパ

普通にマイク環境を整えようとすると、8,000円前後くらいは予算を考えておくべきですね。

marantz Pro のマイクはとても評判がよい商品なので、ぜひ購入しようと思いましたが、

自宅でマイクスタンド・マイクアームを使用するまでもないかな…と考えた結果、

他社製のマイクを購入することにしました。

それが、fifine(ファイファイン)という企業の商品 K683A です。


FIFINE USBマイク コンデンサーマイク パソコンマイク プレステマイク 単一指向性 イヤホン出力端子付き USB-A/Cの分岐ケーブル付き ポップガード付き ワンタッチミュート YouTube Skype Discord Zoom 録音 ゲーム実況 ボイズチャット ライブ配信 在宅勤務 テレワーク web会議に最適 PCのWindows Macに対応 PS4/PS5に対応 ブラックカラー K683A

marantz Pro のマイクと 三脚のマイクスタンドを購入してもよかったのですが、

初心者にはとてもありがたい、マイクスタンドが一式で購入できるものを選びました。

はるやんパパ

費用も抑えたかったですからね

DELE[デーリー]株式会社はfifineのコンデンサーマイク販売の日本正規代理店

引用:DELE株式会社

amazonで、 fifine K683A を購入しようと思っていましたが、

DELE[デーリー]株式会社 が fifine のコンデンサーマイクを販売していることを知りました。

そして、 K683A の「三脚タイプ」よりもスタンドが頑丈そうな

K683B という商品の取り扱いがあったんです。

fifine K683B

出典:DELE株式会社 fifine K683B
はるやんパパ

amazonでは販売していないんですよね

それは仕方ないけれど、よくホームページを見てみると、

DELE[デーリー]株式会社は、fifineのコンデンサーマイク販売の日本正規代理店 !!

そして、しかも・・・

amazonよりも安い!

ということで、

気になる方はDELE[デーリー]株式会社 さんのホームページをご覧になってください。

DELE[デーリー]株式会社 の 【 fifine マイク一覧 】

fifineのUSB接続できるコンデンサーマイク【K683B】レビュー

fifineのUSB接続できるコンデンサーマイク【K683B】

前置きが長くなってしまいましたが、

ここからは商品レビューをしていきたいと思います。

K683Bのスペック・特徴

K683B を組み立てました

光沢感がない、光を反射しない、マット感のある黒色です

コンデンサーマイク自体の大きさは14センチほど

ポップガードを装着すると、14.5~15センチほどの大きさ

K683B の特徴的なスタンドの部分

台座の部分は丸い形で、だいたい9センチ

台座の裏側は滑り止めのゴム加工が施されています

台座とマイクをつなぐスタンド自体の高さは12センチ

マイクはネジで固定する仕様で角度を変えられます

使い方は人それぞれで、マイクの位置を変えられます

コンデンサーマイクの機能

マイクゲイン:収録音声の感度(大きさ)を変えられる 
ミュートボタン:収録時に音声を拾わない・通話相手に音声を聞かれたくないときに利用する 
ヘッドフォンジャック(3.5mm):音の大きさや自分の声をモニタリングしながらマイクを使うことができる 

はるやんパパ

価格が安いコンデンサーマイクにはこれらの機能が使用できないものが多いです。fifine K683B はそれなりにコスパがいい!

ミュートボタンは

通話ができる状態のときは緑色で、音声が入らない状態の(ミュート)ときは赤色に光ります

はるやんパパ

視覚的に色で判断できますね

そして、最大の特徴として・・・

コンデンサーマイクにも種類がありますが、USBで接続ができるところが便利!!

マイクには、USB Type-Bが使用されている

ミキサーやオーディオインターフェイス、ファンタム電源といった機材が必要ないところが嬉しいです

USB接続ができないコンデンサーマイクには、
このような機材が必要になります。

amazonでもお買い得なmaranz Proの約6,000円くらいのコンデンサーマイクですが、

それだけではマイクは使えないので、このような約15,000円前後の オーディオインターフェイス が必要となります。

USB接続のコンデンサーマイクですが、

出典:DELE株式会社

マイク側には、USB Type-B
PCなどの接続先には、Type-C と Type-A のどちらかで利用できます

はるやんパパ

↑↑これは、K683B(A)を購入する動機になりました。
Type-AとCがどちらも使えるのは便利ですよね。

ちなみに、このUSBコードの長さを計測したのですが、2メートル8センチ前後という長さでした。

ユーザーによっては、マイクアームで使用するケースもあると思いますので、困ることはなさそうですね。

まとめ:fifine K683B はコスパがよいコンデンサーマイク

やっぱり、USB接続ができること、この商品を購入後、すぐに利用できるということが嬉しいですね。

そして、予算の面でもかなりコスパのよいマイクだと思います。

価格が安い分、今後の使用経過でどれほど性能が劣化してしまうのかは分かりませんが、

今のところ、使い勝手の悪いところはありません。

はるやんパパ

他社製のマイクを使ったことがないので、音声比較できないことが今の評価になっているかもしれません。飽くまでもの参考としていただければ幸いです。

取りあえず、一般のPCマイクとのK683Bの音声比較ができるように収録してみました(笑)

お聞き苦しいかもしれませんが、ご参考までにどうぞ!

お聞きになる際は音量に注意してください!!!!

ノートパソコン(Surface Pro6)のマイク

※ ノートパソコン からは30cmほど離れたところから話しかけています。

fifine K683B の音声

※ K683Bからは30cmほど離れたところから話しかけています。 マイクゲインは半分。

fifine K683B の音声 (マイクから近い距離)

※ K683Bからは10cmほど離れたところから話しかけています。 マイクゲインは半分。

ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)っぽい音声も収録できそうですね。

コンデンサーマイクとして、しっかりと使えると思います。

はるやんパパ

というわけで、fifine K683B の マイクレビューでした!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コンデンサーマイクをご検討中のみなさまの参考となればうれしいです。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる